ニコレットのニコチンは口内の粘膜から吸収される

タバコに含まれるニコチンが、身体に良くないということは、誰でも周知の事実ということができます。 世界有数の長寿国として知られる日本においても相変わらず愛煙家が多く、タバコを吸わない周りの人たちへの悪影響が懸念されています。 今般では、喫茶店においても、喫煙をさせないまでの措置がとられるようになってきました。 タバコが健康の観点から良くないとされる理由は、健康な身体に有害なタールやニコチンといった成分が含まれている点にあります。 具体的には、口から吸い込んだニコチンなどの成分が肺に到達し、肺の組織を次第におかしていくことに加え、肺ではない胃や大腸などといった臓器にも有害とされています。 ニコレットはニコチンを含む禁煙ガムですが、そのニコチン成分は口内の粘膜から吸収されます。 ニコレットを急いで噛むと唾液がたくさん出てその唾液とニコチンが共に飲み込まれてしまい吸収率が低下してしまいます。 また、喉の刺激感などの症状が出やすくなるのでニコレットはゆっくりと噛むようにします。 ニコレットを使って血中のニコチン濃度を調整することで禁断症状が起きないようにしましょう。
Read More