ニコチンによって催奇形が発生する確率

健康志向の高まりによってたばこを吸う人が少なくなってきていますが、まだまだたくさんの人がたばこを吸っているという現状です。 たばこにはたくさんの健康被害があることがわかっています。 とくに妊娠や子供の健康に大きな影響があるということがわかっているのです。 女性がたばこを吸った場合には妊娠しにくい状況になります。 男性の精子に奇形が生じたり受精を妨げるという研究報告もあります。 また女性の場合には流産の危険性が高くなります。 それはなぜなのかというと、血液中にたばこの成分であるニコチンが入ると言うことが大きな原因となっています。 このニコチンは恐ろしい物質で、発ガン性や奇形を引き起こすという催奇形性があるのです。 また妊婦がたばこを吸った場合には、血管を収縮させてしまうので、胎児が低酸素状態になってしまいます。 その結果発育が遅れてしまったり母子共に命の危険にさらされてしまうと言うことにもつながります。 また低出生体重の原因になったり、内臓に奇形が生じるという確率も高くなってしまいます。 このような症状が必ずしも出ると言うことではありませんが、一因になり得ると言うことを頭に入れておくようにします。 子供の健康を考えるとたばこは吸わない方がいいです。
Read More

ニコチン中毒とアルコール中毒、依存が強いのは?

ニコチン中毒もアルコール中毒も、どちらも依存症であることは事実です。 いったん罹患してしまうと確実に依存症を発症してしまいます。 より依存が強いのはどちらなのかと比較をしたい人も少なくありません。 ニコチン中毒の場合には、定期的に喫煙しない限り、精神的な焦燥感やニコチンへの依存によって通常よりも周囲に精神的な余裕をもてないように見えてしまったり、仕事などに対しての集中力が欠けたりなどの症状を発症します。 喫煙者は全てがニコチン中毒患者であり、生命にかかわりのある病気だけではなく、伏流縁によって周囲にも多大な迷惑を撒き散らすことになりますので、早急な治療を必要としている方も少なくありません。 対してアルコール中毒患者の場合には、アルコールに対しての依存がひどい場合には厳格や幻聴によって周囲に対して武器を持って害をなし、アルコールがなければ生きていけない状態となる場合も少なくありません。 その治療には長い年月が必要となっており、精神的、経済的にも家族や周囲の人々において大きな負担となるのです。 アルコール中毒のほうが認知度が高く、入院設備などが整っていることも少なくないため、重篤であると認識している人は多いのです。
Read More