喫煙後の満足感と禁煙補助剤のニコレットや治験

治験と言うのは新薬を開発する上で欠かせないもので、開発中の新薬を患者さんや健康な人に対して投与する事で薬の有効性や副作用などを調べることが出来るのが治験です。 そのため、市販されている薬や病院で処方される医薬品は全て治験が行われて薬の有効性や副作用が確認されており、安心して利用出来るようになっているのです。 禁煙をする時に利用するニコレットなどの禁煙補助剤においても治験が行われて製造・販売が行われているわけです。 所で、たばこ後には満足感を味わうことが出来るわけですが、このたばこ後の満足感が在る事からも中々禁煙が出来ない人も多くいます。 たばこ後の満足感と言うのはニコチンが体内に入る事でニコチン受容体が作用をして、脳内伝達物質の1つでも在るドーパミンを分泌させます。 ドーパミンはセロトニンやノルアドレナリンなどと同じ3大神経伝達物質であり、別名しあわせホルモンとも言われています。 たばこ後のドーパミンの分泌が行われることで満足感を得ることが出来ますが、この満足感を人は記憶しているので、ニコチン切れが生じることで煙草を吸いたいと言う欲求が高くなるのです。 ニコレットはニコチンガムのタイプと身体に貼り付けて利用するパッチタイプの2種類が在ります。 ニコチンガムは、噛む事でニコチンがニコレットガムから抽出され、これがニコチン受容体に作用してドーパミンを分泌させる作用が在るため、煙草の置換療法として利用出来るわけです。 また、パッチタイプの場合は皮膚にニコチン成分が溶け出してニコチンガムと同じような作用を促すと言う特徴が在ります。 尚、ニコレットのガムタイプは煙草を吸いたくなった時に利用するもので、パッチタイプは朝起きた時に貼り換えるタイプになります。
Read More