オリンピックと禁煙の推奨とニコレットで離脱症状

2020年にオリンピックを開催する日本は、たばこの無い世界を目指しています。 WHOは世界禁煙デーを設けており、それに合わせて日本でも禁煙週間があります。 禁煙週間のスローガンとして、東京オリンピックに向けてノースモークの社会づくりを行うことを掲げており、国家をあげて禁煙を推奨しています。 たばこを吸うことで、肺がんや循環器疾患などの症状を起こす可能性が高まることが知られており、また喫煙者以外でも周囲でたばこの煙を吸ってしまうことによる、受動喫煙によって健康被害の症状が発症する場合があります。 日本では受動喫煙の被害に関しても強く認識されており、これらの病気を防ぐためには禁煙が最適であるとされています。 禁煙は健康を保つために大切なことがわかっていますが、たばこを止めることで切望感や離脱症状が起こることで止めることが難しくなっています。 たばこに含まれるニコチンには中毒性があり、ニコチンの摂取を止めることで様々な離脱症状が起こることが報告されています。 そのために禁煙は病気であるという考えの下、医療機関などで禁煙治療が受けられるようになっています。 禁煙治療の1つとして、ニコレットガムを使用する方法もあり、ニコチンが含まれているためにニコチン置換療法とも呼ばれています。 ニコチンの離脱症状である集中力の散漫や頭痛、イライラすること、身体のだるさなどを軽減させるために、ニコレットガムによってニコチンを補給できます。 ニコレットガムを噛むことで微量のニコチンを摂取できますので、少しずつニコチンの量を減らすことで禁煙しやすくなります。 ニコレットガムは薬局でも購入することが可能なので、患者本人がニコチンの摂取量を調節することができます。 オリンピックへ向けて禁煙の成功率を高めるためにも、ニコレットガムの役割は大きくなります。
Read More